アフターパーティーショー in シカゴ

参考になる記事ピックアップ

 

生活習慣を正すと内臓脂肪は減る!

生活習慣から内臓脂肪を減らすというのは、どういったことでしょうか。内臓脂肪を減らすにはとにかく規則正しい生活が基本になってきます。中でも最も重要なのが食生活です。

 

体を作る肉と体をきれいにする野菜のバランスも大切ですし、肉にしても、脂肪分が少ないものを選んだりすることも重要です。また、肉よりも野菜の方を多く食べるようにするといいようです。後は、食事をする時間や量も大事になってきます。

 

食事をする時間に関しては、夜に寝る前の食事は最大のご法度といえます。寝る前の食事をすると、食べ物が身体に溜まってしまい、内臓脂肪をより一層増加させてしまう可能性があります。

 

食事をする量については、夜たくさん食べるのではなく、むしろ少なくし、朝と昼にたくさん食べるようにするとよいでしょう。夜の食事は体内に脂肪をため込みやすい傾向があるためです。

 

朝や昼の食事は、その日に活動するエネルギーとして消化されるので、あまり体内に溜まることは少ないとされています。特に脳の活動のためにも朝こそ多く食べましょう。そして食べたら適度な運動も大切です。

 

運動といっても内臓脂肪を溜めないための運動ですから、激しい運動よりも有酸素運動が有効です。有酸素運動の代表格として、有名なのが軽いランニングや水泳です。

 

水中の中は強い付加がかかり、消費エネルギー量は地上とは比べ物にならないくらいに大きいため、特に水泳がおすすめです。しかも、身体にかかる負担は地上よりもはるかに小さくて済むので、ケガも格段に少ないのもうれしいところです。。泳げない人は、水中ウォーキングでも良いと思います。

 

公共の運動施設などであれば、気軽でリーズナブルにプールも利用できるので、内臓脂肪を減らすためだけでなく、日々の健康維持のためにも利用してみるといいでしょう。

 

脂肪肝に効く肝臓サプリおすすめランキング!
http://xn--vck8crc0319b3bax2az9b.net/
健康維持のためには肝臓をいたわることは必須です。お酒が好きな方はたまには休肝日を設けてやすませてあげてください。そして、肝臓サプリを飲んで脂肪肝対策を始めてくださいね。

血圧の正常値を知ろう!

血圧にももちろん正常値はありますが、年齢や合併症といった人それぞれの状態によって正常値には違いがあります。もっと細かく言うと家庭で測る際と病院で測る際に数値が変わるということも覚えておきましょう。

 

・若年層から中年層の正常値
目標とする血圧は病院などで計測する場合は130/85mmHg未満、家庭などで計測する場合は125/80mmHg未満となっています。

 

・高齢層の正常値
若年層や中年層より若干高めが目標値となっており病院などで計測する場合は140/90mmHg未満、家庭などで計測する場合は135/85mmHg未満となっています。

 

若年層から高齢層までこの数値より高ければ高血圧、低ければ低血圧の疑いがありますので正常値はしっかりと覚えておくと計測する際に役立ちます。

 

・病院と家庭で正常値が変わる理由
病院と家庭で計測する際に正常値が変わる理由は機械の違いではありません。心臓は常に動いており、動くことで心拍数は変わり、1000歩で血圧が1〜2下降するといわれています。

 

また、緊張しても心拍数は変化するということは経験があるはずです。こういったことを考慮すると家でリラックスした状態で計測するのと、病院に行くまでの動きや病院で計測するという緊張などを持った上で計測するのとでは差が生じます。ですので、病院で計測するより自宅で計測する方が血圧は低くなるということになります。

 

もちろん家でも動いたりすることがありますので、その状況に応じて血圧も多少上下するはずです。ですので、血圧を計測する場合は出来る限り毎日同じ条件で計測することが大切です。

 

また、糖尿病、慢性腎臓病、心筋梗塞を患っているという方は一般的な正常値より低い値を目指さなければいけませんので正常値であっても安心はできないということも併せて覚えておきましょう。

 

参考:血圧を下げるサプリメント